クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第20話

タスクとヴィヴィアンは潜水空母アウローラに救助されるが、逮捕拘束されてしまう。
ジル司令の行動を怪しんだヒルダはロザリーを誘い、タスクとヴィヴィアンを脱走させる。

夜間、単独で母艦を出て特攻しようとしたジル司令はヒルダ達に取り押さえられた。
画像
そのころ、アンジュはエンブリヨの拷問を受けていた。
画像
刺されても撃たれても死なないエンブリヨは、余裕でアンジュを(操り人形化できるのに、それをしないで)弄ぶ。
画像
エンブリヨは相手に指一本で触れるだけで「通常の50倍の痛覚刺激」を与えたりその痛みを「痒み」に変えたり「性的快感」に変えたり出来るようだ。
画像
だからといってアニメで自慰場面を映すのは・・・子供に見せられないなw
画像
「指一本」というのは、ちょっと北斗神拳っぽいとも思う。(笑
画像


もはやエンブリヨに完全に依存しているサリア。
画像
エンブリヨがアンジュに最大の興味を示すのを見て、サリアは嫉妬の炎を燃やす。
画像
エンブリヨの計画は「竜族の居る地球と、こちらの地球を融合させて新しい世界を作る」・・・
画像
それ、どこのサードインパクト?
当然、原住民は消滅させて「恣意的に選ばれた優良種」だけを新世界のアダムとイヴとして残すつもりだ。
そのために、城の地下に監禁した始祖竜アウラを動力源(触媒?)としてラグナメイル4機で魔方陣(動力炉?)を発動させる作業を進めている。
画像
サリアを気絶させて服を奪い、城を脱出したアンジュとモモカ!
画像
だがラグナメイルに乗ったエルシャとクリスが追っ手として迫る!

次回予告でタスクがモモカと「フラグ立てちゃったけど、俺たちが死ぬ訳無いよね?」と呟いたのが気になって仕方が無い・・・(;^ω^) 
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック